火入れ(取扱い説明) Ni様邸

つくば市の薪ストーブ専門店薪炉火の杜です。

かすみがうら市Ni様邸にオーストラリア育ちのオーストラリア特有のハードウッド燃焼にも耐える厚い鉄板使用と頑丈な溶接がされた、ピキャンバロッサクッキングストーブを設置、火入れ・取扱い説明させて頂きました。

薪ストーブでオーブン料理がしたい奥様のご要望と、大き目の燃焼室で炎を楽しみたいご主人のご要望がマッチしたストーブということで、文句なし!このモデルに決まりました。

本体、煙突設置後に火入れ・取扱い説明させて頂きました。ご主人自ら殆どの壁を塗られる予定で、もちろんストーブ背面の不燃壁のタイル貼り、炉台のタイル貼りもセルフ施工で、前日に完成しました。経年変化の風合いがナチュラルテイストに醸し出されたストーブコーナーです。

自家菜園で採れた野菜がふんだんに入ったお料理が日替わりでテーブルを賑やかにしてくれること間違いなし!ですね。ご主人様、妖艶な炎と暖かさを実感されて下さい。