割った薪は梅雨前に棚に積みましょう。

つくば市の薪ストーブ専門店薪炉火の杜です。自家消費用に伐ってから少し時間が経っていたものを割りまくっていました。次は今年伐った新鮮なもので樫、エノキ、コナラ、山桜をなるべく細く割ります。細いほど乾燥期間が短くて済みます。太過ぎない堅いものをメラメラの熾きに1本ではなく、数本入れると火移りがよく、いい状態が持続します。堅いものは火持ちが超良いです。重宝しますね。